【演奏会情報詳細】

合唱団スコラ・カントールム

演奏会名 国際基督教大学クリスマス演奏会
日時 2010年12月12日(
14:30 開場 15:00 開演
会場

東京都三鷹市

国際基督教大学 礼拝堂

演目

ガブリエリ : 「祝福されし処女マリア」

パーセル : 「夕べの讃歌」

ヘンデル : 『メサイア』より「シオンに良い知らせを伝える者よ」

J.S. バッハ :

  カンタータ第64番「見よ、父のわれらに賜いし愛のいかなるかを」 ほか

指揮者 野中裕
入場料 2,500円

 

コメント

波多野睦美さん・今井奈緒子さんという当代きっての名演奏家とともに、クリスマスにふさわしいステージをお届けいたします。

 

 私たちのステージでは、ジョヴァンニ・ガブリエリ、ハインリヒ・シュッツ、バッハ一族(作曲者不詳)の複合唱による華麗なクリスマス・モテットをお聴きいただきます。二つに分かれた合唱隊が互いに主の降誕を祝う喜ばしさと、音楽の迫力をご堪能いただければと思います。特にバッハ一族の作品であることは確実ながら、真の作曲者がわかっていない(大バッハの叔父、ヨハン・クリストフという説があります)《目をとめよ、わが心よ》という作品は大変に風変わりな、隠れた名曲です。この機会に是非お聴きください。

 

 大活躍中のメゾソプラノ・波多野睦美さん、おなじみの名手・今井奈緒子さんとの共演ステージでは、大バッハのカンタータ第64番を、オルガン伴奏で演奏いたします。厳格なモテット様式の冒頭合唱に代表されるように、表面上の明るさを徹底的に廃したこの曲は、オルガン伴奏でも十分な効果を得ることができます。その他、ヘンデルの《メサイア》から、親しみやすく有名な「シオンに良い知らせを伝える者よ」を歌わせていただきます。

 

 この他波多野さん・今井さんのソロもたっぷりとお聴きいただける、盛りだくさんの内容です。どうか皆様お誘い合わせの上ご来場ください。この演奏会の詳細は、ICU宗教音楽センターのホームページ、http://subsite.icu.ac.jp/smc/ をご覧ください。

 チケット(2500円)ご希望の方は、ICU宗教音楽センター 0422−33−3330 にお電話いただくか、smc@icu.ac.jp までメールをお送りください。

また、三鷹市芸術文化センターでもチケットをお求めいただけます。当団ではチケットの販売はしておりませんので、あらかじめご了承願います。

連絡先 ICU宗教音楽センター 0422-33-3330

  ICU宗教音楽センター さん

迷惑メール対策のため@マークを♪に替えてあります
   ご連絡される際には、アドレスの♪を@に直してから
  ご送信下さい。

ホームページ  http://subsite.icu.ac.jp/smc/

 〔登録日:2010.11.15〕

トップページに戻る